2012年02月09日

『病院へ』

長かった夜が明け 着替えをしながら
札幌へ行く前にとりあえず病院に行きたいと告げる
(この時点で薬をもらって札幌へ行こうと思ってました
痛みは少し和らいだ感じもしていたのですが
この状況は普通じゃないと自分で確信していました

自宅からは車で10分弱くらいの場所なのですが
初診なので受付に時間がかかる
受付についてはまた後日話題にすると思うけど
とにかく不愛想・・・事務的とかじゃなく愛想がない
具合悪さが増してしまいそうな感じ 

とりあえず総合診療科という内科へ
診察室へ入る前に 看護師さんに状況を聞かれたり
一応、前日にケンタッキーを食べた話などする。
血圧や体重測定されたり 普段病院で測ると上昇する血圧も
この日は「深呼吸すれば大丈夫ですよ」と暗示にかけられたか
正常値でした

診察室で医者に症状を話し、お腹を診察
その後、血液検査とCT検査、腹部エコー検査

腹部エコーにやたらと時間がかかり何か嫌な予感がしました

検査が終わってから外来待合に戻り
結果が出るまで長いこと長いこと
「なんだろうね 胃痙攣だろうか?」などと家族と話ながら待ちました

しばらくして 再度呼ばれ不安な気持ちでひとり診察室へ
そこで一言


「入院や」


院長に「このまま入院」ということを告げられました

あまりにびっくりして返す言葉がありません
呆然としている私に ちゃんと治してあげるから大丈夫と
症状について説明がはじまりました
posted by にゃんこ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこいらず(病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。