2012年02月29日

『イブに初体験』

24日クリスマスイブ まさか病院で過ごすことになるとは。
深夜、恐怖の点滴は 左手の甲の痛みが増して
落ちるのを遅くしてもらおうとナースコールしたら
調整中に激痛!!! 思わず声が出る。

ここで主任看護師に交代
その場所から針を抜くか聞かれたけれど
点滴をやめる訳にいかないので
新たな場所を探すといっても大変だろうし
そのままにしてもらうことにした
もう水分も摂れているし
先生には夜の点滴を外していいか伝えるとのことだった

前日までに読み終わった文庫が 
偶然入院前にみていたドラマの原作でびっくり
文庫を買っては棚に並べたまま読んでないものもたくさんあるので
この機会に読もうと色々持ってきてもらった
家族によると読むのになるべく時間がかかるように
分厚い本を持ってきただけらしい

この日、帯状疱疹の水泡になってた場所がつぶれた
ここまでくれば一安心 
あとは菌が入ったりしないように気を付け傷が治るだけだ

そして、朝問題が起こった
午前中に胃カメラの予定だったけれど
人生初体験の胃カメラの勝手がわからず
朝、いつものように薬を飲んでしまった私。
食事はまだ解禁になっていなかったので問題なかったのだけど
看護師もうっかり伝えるのを忘れたらしい

胃カメラで検査ができる内科医は出張医なので
次回となると二週間後になるという
それまで入院しているかどうかもわからないのに!?
という話になって

医者と相談の結果、順番を最後にして12時頃にすることになったらしい
それまで待機

と思っていたら 時間が早まりすぐに呼ばれてしまった
すべてが初体験の胃カメラ 説明を受け
最初に口にいれる薬をどの辺までいれておけばいいのかなと思いつつ
吐きそうになったら吐き出してもいいと言われてたけど
涙目になりながら じーっと順番まち

何分くらいそのままでいたか 本当に喉に麻酔効いてるんだろうか?
ベッドに横になり 準備をされて
あっという間に内視鏡は私の胃の中に。
以前、知り合いに教えてもらったとおり
ダラダラ出てくるよだれも気にせず 全身脱力で身を任せ
画面を見たいけど苦しくてそれどころじゃない
それでもちらっと見た私の胃の中はとてもきれいで
なーんにもできてない様子だった
医者が最初に「薬飲んだんでしたっけ」
と看護師に確認してるのが聞こえた時には
溶けだした薬が写っていた

検査終了後、医者の問診があって
悪いものは何もないけれど 胆汁が黄色く残ってるので
痛みはその関係からきたのだろうとのことだった
(はじめは強烈な胃痛で受診したので

10時には全部終了してベッドに戻った
初体験の胃カメラは
苦しかったけどバリウムより全然マシだったという感想。
医者の腕次第でもあるみたいなので良いお医者さんで良かった

dだクリスマスイブだったね と看護師さんに慰められる

もちろん12月24日のこと
posted by にゃんこ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ねこいらず(病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『石の有無』

昼間横になっていると うとうとしている時もあるので
夜の睡眠にも影響してるかなと思い
絶対に寝ないことにしてたのに 夜になっても同じ状況
ちょっとした物音で起きてしまう
咳も少し出てきたりしてちょっと不安(喘息発作ではなかった

石のことが気になって気になって
本当のところどうなのかなぁと
看護師との会話では
何となく「胆石」があると思われてるようだけど
昨日先生はないようなこと言ってたしと話してると

その後、院長がまた来て
月曜にもう一度エコーしてみて石の有無をはっきりさせようとの話になった
看護師に話を聞いたのかなと思った
どんなに忙しくても詰所にはきて 必ずカルテをみて
様子は聞いていくと言ってたので。

この日はもう抗生物質の点滴は終わっていて
あとは栄養補給なんだけど 落ちるのが遅いと早められては
血管が痛み
遅くすると次にずれこむという状況で
あまり痛かったら今度は冷やしてみましょうと言われ
様子をみることになった
腕はあちこち真っ黒だし恐怖の点滴である。

12月23日のこと

posted by にゃんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこいらず(病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。