2012年02月16日

『検査はじまる』

入院三日目 月曜の朝
月曜からはいろいろ検査が始まりますと言われていた

7時には採血にくる3本分採られる
16日の喘息通院日、翌日の受診そして月曜と
連続3本ずつ採血・・・と思ったら
血液量が足りなかったとまた採られる

点滴箇所が痛む
腫れてきて場所を変えてもらったりしてたのだが 
どんどん痛くなってくる
誰かにずっとつねられているような痛みだ

9時過ぎに造影剤を入れてCT検査をするとのことで
点滴の針を交換
看護師さんに付き添われ点滴台をガラガラ鳴らしながら一階へ
病室は暖かいのだけど 一階は寒い!!外の雪もすごい!

造影剤をいれると気分が悪くなったりする人もいると言われていたけれど
無事終わった?と検査室を出て 
一応ビニール袋も用意してきたと看護師さんが出した途端吐き気が。

吐くと言っても絶食三日目のため 胃の中には何もない。
胃液だけがドバっと出て終了
看護師さんがずっと背中をさすってくれてありがたかった

そして、尿検査、心電図なども行われた
午後からまたロキソニンをもらって飲んだとメモ
(たぶん頭痛の余韻からだったと思う

帯状疱疹を診に来てくれるハズだったのに回診はなかった
内科病棟が満床で外科・整形外科病棟に
間借りしてたせいで忘れられたかなと少し不安に思っていた

とりあえず お腹の深刻な痛みは治まっていたので大丈夫かな
でも点滴と帯状疱疹が痛いんだよなーと思いつつ
また一日が終わる

posted by にゃんこ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ねこいらず(病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
検査だけで病気が悪化しそうだね(ーー;)
私も父は、十二指腸で入院してたんだけど、毎日検査検査で、検査疲れが重なったのか検査のあと病室で心臓発作を起こして亡くなりました

病は気からって、ほんとそう思いますね

にゃんこちゃん、15キロ減・・って
激やせじゃないですか〜〜〜(@o@)
Posted by naho at 2012年02月16日 16:43
nahoさんのお父様はそういう状況で亡くなられてたんですね
切ない話です

入院中は良くなることだけを考えるようにして過ごしました 
手術の前日とかはもし何かあったら?とチラッと思いましたが
仁志が大人になるまでは頑張らないと〜って
(親でもないのに 笑

15`減についてはですね…
真夏に太りすぎていただけなんですよ
多少は人並みに戻りましたが
目標にはまだまだです
Posted by にゃんこ at 2012年02月16日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/252454974
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。