2012年02月17日

『入院四日目』


病室は四人部屋だったのですが 私以外は70代のご婦人でした
というか 入院患者は大抵ご年配の方々ばかりで
同室の方から 検査検査検査って続くよ〜と言われていました

前日来なかった院長が様子を診に来てくれる
すごく忙しそうだけど 診察は丁寧だし質問にはちゃんと答えてくれる
帯状疱疹に飲み薬と軟膏を出してくれることになった
発症四日目の患部はすでに水泡になってきていた
そこまでなる経過が最も痛いと思うのだけど仕方ない。

お昼前にMRI検査がありました
また寒い一階へ看護師さんに付き添われ向かいました
前日のことがあったのでちょっと心配でしたが
特に何事もなく済ませ病室へ戻る

この日は入院患者の体重測定のある日で
計ってみると入院前日より1`減
絶食してるのに大して減らないものだなぁと残念に思う
点滴で栄養補給されてるから?
血管痛がひどいのも栄養価の高い点滴をしてるせいもあると聞いていたし
栄養摂らなくてもいいから脂肪から燃焼させて〜などと思っていた

毎日尿の回数と便の回数を聞かれるのだけど
点滴だけでも便は出るの?と質問したら出るとのこと

そんな話をしていたら
この日いきなり下痢になり何度もトイレに通うことになる
夜勤の看護師さんが可愛い人だったので話やすくてちょっと安心
(怖い感じの人もいたので…


12月20日のことです
事務員のことについて少し

この土地に来て三年目
せっかくある総合病院なのに箱ばかりで
医者がいないとかよくない評判しか聞いていなかった
(実際はお医者さんも看護師さんも
みんな懸命に努力されてる素晴らしい病院です

喘息以外は元気な私なので
初診がこんなにつらいときになるとも思っていなくて
「初めてなんですけれど」と
受付で声をかけた時の対応が
あまりに冷たくいたわりのかけらもない態度で本当にがっかりした
あんなのだったら具合悪さも倍増だ。

しかもそのまま入院となり 
入院に関する書類を点滴をひっぱったまま
提出しにいったときも たまたまその彼女で
ろくに返事もしないのだ
彼女の口からは
「請求書はお部屋でいいんですね!?」だけだった
なるべく接触したくないーと思いつつ

看護師さんに受付の人怖いねと話したら
業務委託してるので 
病院の職員じゃないし全然知らないって話だった
とにかく人がいない田舎だし
評判悪くても首にもならないんだろうなぁと勝手に思った
受付は病院の顔なのにね

posted by にゃんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこいらず(病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。