2012年04月07日

『IC』

ICとはインフォームドコンセント
前日、院長にすっぽかされてしまったけれど
翌日の朝から看護師が来るたびにお詫びと今日は必ず。というので
こちらの方が申し訳ない気持ちになる

点滴もはずれ身軽になったけれど
院内うろつくわけでもなく 一人になった部屋で窓からの景色を確認
廊下側のベッドなので今まで窓のそばに近づいたこともなかった

入院患者の中で自宅で年越しする人たちはすでに外泊しているが
日中、看護師さんたちはいつも以上に忙しそうだった
これから年末なのに新患がどんどん入院してくる
病気には暮れも正月もない


それでも時間を作って 様子を見&話し相手になってくれたり
本当にありがたいものだ
17時すぎ院長が用意できたとのことで 別室へ家族と向かった

まず、開口一番
昨日の約束反故について 丁寧なお詫びがあった
自宅にお客さんがくる予定があってうっかり帰ってしまったそうだ
正直な人だなと思った 悪い気はしない

そして今回の症状や 消化の仕組みなどを説明してくれた
PCを立ち上げてCT画像などで説明しようとしたけれど
なぜか立ち上がらず 手書きで内臓をサラサラと描いて説明してくれた
当たり前だけどとても上手だった 笑

いろいろ話はあったのだけど状況としては
私がお腹が痛いと病院に来た時の炎症数値がひどかった為
帰さずに治療をはじめ
抗生物質の点滴と絶飲絶食で炎症を抑えたけれど
細かく調べた結果、細かい砂状のものが胆嚢にみられる
この段階ではっきり胆石とはいえないけど
これをどうするかは私の判断で。とのことだった

・今すぐ取ってしまっても 
身体の機能としては今後生活していく上で全く問題はない
・今回炎症は治まったので
次回痛くなる時までそのままにしておくというのもひとつの方法
・いったん退院して時期を見て痛くなる前に手術する


など患者さんそれぞれ色々な考えや性格や生活の事情もあるだろうから
今ここで即決せずに考えるようにすすめられました
手術方法やなぜこうなったのか原因など丁寧に質問に答えてくれて
「薬で溶かす方法」について聞いてみると
ご本人の希望であれば薬は処方するし協力するけれど
99%気休めでしかないと思うとのことだった
そして、今回のような大きな炎症を起こしてしまった胆嚢は残しておいても
残念ながら正常な働きは出来ない病的な胆嚢になってしまってるとのことだった

本当に残念な話なわけだが 年末年始は外泊許可をだしてもらって
自宅に戻りゆっくり考えるということになったのでした

12月29日のこと
posted by にゃんこ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこいらず(病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/262963833
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。